ネットワークについてもっと詳しく

変更管理で使えるシステム

変更管理で使えるシステム システムを変更管理するプロセスは至ってシンプルで簡単なものです。
しかし、運用現場の業務フローや習慣・人事情報に関わるさまざまな要因が合わさって、小さな変更から大きな混乱を招く恐れがあります。
そこで大切になるのが、変更管理に用いるツールシステムの選び方です。
変更管理を導入する際は、まず自社の環境をよく考慮することがポイントになります。
そのポイントとは、変更履歴を残し、必要に応じて再確認が可能か、各担当者ごとにそれぞれ役割を与えられ変更により影響のある構成アイテムの把握を細かく設定できるものを導入すると、大きな混乱をさけて変更管理をすることが可能です。
特に大規模な組織になってくると、管理者によるメールや口頭だけで画一的なプロセス運用は難しくなる傾向にあります。
ヒューマンエラーを避ける観点からも、積極的に適切な管理変更ツールを導入して活用するのはとても効率的になるといえます。
管理者のみの判断で適切なツール選びが出来ない場合は、外部の管理専門会社に委託してツールを導入するのも1つの手です。

徹底した変更管理でサーバー障害を回避しましょう

徹底した変更管理でサーバー障害を回避しましょう IT化が進展している現代社会にあっては、企業も業務に情報システムを活用しないわけにはいかなくなっています。
なかには大規模なサーバーを導入している企業もあるでしょう。
しかし、一度導入した情報システムも、だんだん古くなってきますから、いずれシステムを変更しなければならない時がやってきます。
このシステム変更時には、大きなリスクが潜んでいることを企業経営者やシステム管理担当者は認識しておかなければいけません。
たとえ小さな変更だったとしても、色々な要因が重なって重大な障害が起きる可能性があります。
それゆえ近年では「変更管理」の必要性が叫ばれています。
変更管理は情報システムを運用する上で欠かすことのできないノウハウとなっています。
システムに変更を加えようとしたら、データが全部吹っ飛んでしまったとか、サーバーが全部ダウンしてしまったなどの重大障害を起こしてしまうと、企業の信頼は崩壊し最悪の場合、倒産に追い込まれるかもしれません。

新着情報

◎2019/9/26

変更管理の事例
の情報を更新しました。

◎2019/7/25

変更管理の手順
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「●●●」
に関連するツイート
Twitter